Go to Contents Go to Navigation

韓国大統領選 安氏が不出馬表明=野党系候補は文氏

記事一覧 2012.11.23 21:17

韓国大統領選 安氏が不出馬表明=野党系候補は文氏

【ソウル聯合ニュース】韓国大統領選(12月19日投開票)への出馬を表明していた無所属の安哲秀(アン・チョルス)候補は23日夜、緊急記者会見を開き、大統領選に立候補しないと表明した。安氏は最大野党・民主統合党の文在寅(ムン・ジェイン)候補と野党系候補の一本化協議を行っていたが、物別れに終わった。これを受け、安氏は自ら身を引いた。

 両氏は世論調査を実施し、最終候補者を決めることで合意していた。ただ、世論調査の方法をめぐり、意見差を埋められなかった。

 文氏は「野党系候補としてふさわしい候補者」と「与党セヌリ党の朴槿恵(パク・クンヘ)候補との一騎打ちでの競争力」を世論調査に反映することを主張。一方、安氏側は「野党系候補としての支持率」と「与党候補との一騎打ちでの競争力」を問うことを求めていた。

 一本化の期限と定めた候補登録(11月25、26日)が迫る中、安氏は出馬を取り止める決断を下した。

 会見で安氏は「これ以上、対立しては国民に対し申し訳ない。自分が大統領になって新しい政治を行うことも大事だが、国民との(一本化の)約束を守ることが何よりも重要だ。野党統一候補は文氏だ」と涙ながらに語った。

 また、「夢はお預けになったが、私は心から新しい政治を望んでいる。私に与えられた時代と歴史の使命を決して忘れない」と政治の道を進むことを表明した。

 一方、安氏の会見を受け、文氏は短文投稿サイト「ツイッター」で「安氏と安氏の支持者に本当に申し訳ない」とコメントした。

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。