Go to Contents Go to Navigation

エリクソン 特許侵害でサムスン電子を提訴

記事一覧 2012.11.27 20:43

【ソウル聯合ニュース】スウェーデンの通信機器大手エリクソンは27日、自社特許が侵害されたとして、サムスン電子を米テキサス州連邦地裁に提訴したと発表した。

 エリクソンはサムスン製品に使われている通信とネットワーク技術の特許が侵害されたと主張している。サムスンは同技術はFRAND(公平、妥当、非差別的)と呼ばれる「必須標準特許」として、契約の更新を拒否したという。  

 エリクソンはサムスンと2001年に特許使用権契約を結び、2007年に更新したが、現在は契約が満了していると説明。この2年間、サムスンに契約の延長を提案したが、サムスンが拒否したと主張した。

 これに対し、サムスンはエリクソンが以前の契約条件より過度な特許使用料を求めたと反発した。同社は「エリクソンの過度な要求は受け入れられない」として、法的措置を取る方針を示した。

 韓国の大多数の電子・通信業者はエリクソンと契約し、約3万件の特許を提供する同社のプログラムを使用しているが、サムスンは2年前、再契約を拒否した。

kimchiboxs@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。