Go to Contents Go to Navigation

韓国ロケット上段で問題発生 30分後に再開可否決定

記事一覧 2012.11.29 16:01

【ソウル聯合ニュース】きょう29日午後4時に打ち上げられる予定だった韓国の人工衛星搭載ロケット「羅老(ナロ)」(KSLV-1)は打ち上げ直前にカウントタウンが中断された。

 教育科学技術部と韓国航空宇宙研究院は「2段目のロケットの点検過程で問題が発見された。30分後にカウントダウン再開可否を決める」と明らかにした。

 これに伴い、今日中に打ち上げが可能かどうかは不透明な状況とみられる。

csi@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。