Go to Contents Go to Navigation

正恩氏がミサイル発射命令=「今後も続ける」

記事一覧 2012.12.14 08:30

【ソウル聯合ニュース】北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)第1書記が12日に衛星管制総合指揮所を訪れ、事実上の長距離弾道ミサイル発射を現場で指揮したと、朝鮮中央通信が14日報じた。

 北朝鮮のミサイルが発射されて以来、金第1書記の動静が伝えられたのは今回が初めて。

 朝鮮中央通信によると、金第1書記は12日午前8時にミサイル発射を命じる親筆命令を出し、発射1時間前の午前9時ごろ衛星管制総合指揮所を訪れた。

 現場では「われわれの力と技術、智恵で開発・製作された主体の衛星。科学技術と経済を発展させていくため、今後も人工地球衛星打ち上げを引き続き進めるべきだ」と強調したという。

 金第1書記が長距離ミサイル発射当日に衛星管制総合指揮所を訪れ、発射を直接指揮したのは、ミサイル発射の成功を自分の業績にし、体制の結束を強化する狙いがあったためとみられる。 

csi@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。