Go to Contents Go to Navigation

韓国高裁の決定 日本「遺憾」、中国「歓迎」

記事一覧 2013.01.04 09:17

【ソウル聯合ニュース】韓国のソウル高等裁判所が3日、東京の靖国神社に放火した疑いがある中国人の劉強元受刑者の日本引き渡しを認めない決定を出したことに対し、日本政府は「遺憾」、中国政府は「歓迎」の意を表明した。

 中国外務省の華春瑩報道官は同日、ソウル高裁の決定に対し論評を求められると、「中国側は今回の結果を歓迎する」と答えた。中国政府は中国国民の安全と合法的な権利保護を重視するとし、在韓中国大使館が責務の範囲内で劉元受刑者への支援を惜しまなかったと説明した。また、劉元受刑者が数日内に中国に帰国するだろうと話した。

 日本による尖閣諸島の国有化をきっかけに日中関係が対立を深める中、中国は劉元受刑者の日本引き渡しを防ごうと外交努力を続けてきた。

 一方、日本のメディアによると、日本政府は同日、東京の韓国大使館を通じ韓国側に、韓国高裁の決定は遺憾との意を伝えた。別のメディアは、日本政府が韓国高裁の決定に抗議するとともに、劉元受刑者の引き渡しを再度要求したと報じた。

 日本のメディアはこのニュースを伝えながら、韓日関係への影響を懸念した。

 ただ、朴槿恵(パク・クンヘ)次期大統領が就任する前の決定のため、日本政府内では今後の韓日関係に及ぼす影響は限定的との見方が支配的、という報道もある。

mgk1202@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。