Go to Contents Go to Navigation

韓日議連の国会議員ら訪日へ 関係打開の糸口探る

記事一覧 2013.01.04 11:43

【ソウル聯合ニュース】韓国与党セヌリ党の黄祐呂(ファン・ウヨ)代表ら韓日議員連盟の与野党国会議員団が8日から3日間の日程で訪日する。在日本大韓民国民団(民団)の招請で訪日し、新年会へ出席する。

 訪日中は自民、公明、民主党など日本の与野党幹部と会談し、行き詰まった韓日関係打開の糸口を探る予定だ。特にソウル高裁が3日、靖国神社に放火した疑いがある中国人の劉強元受刑者の日本引き渡しを認めない決定を出したことで両国の緊張が高まっており、議連の動きが注目される。

 安倍晋三首相との面会の予定はないとされる。

 議連会長の黄代表は4日、聯合ニュースの取材に対し「主な政治家と残らず会う予定だ。韓日関係改善の突破口を開く機会になるだろう」と述べた。

ikasumi@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。