Go to Contents Go to Navigation

グーグル会長らの訪朝 韓国政府「私的な訪問と理解」

記事一覧 2013.01.08 18:05

グーグル会長らの訪朝 韓国政府「私的な訪問と理解」

【ソウル聯合ニュース】韓国外交通商部の趙泰永(チョ・テヨン)報道官は8日、米IT大手グーグルのシュミット会長らの訪朝について「私的な訪問と理解している」と述べた上で、「訪朝が朝鮮半島の平和と安定の強化につながることを望む」と指摘した。

 趙報道官は定例会見で、「(シュミット氏らの)訪朝中のスケジュールについて、韓国政府が把握しているものはない」としたほか、韓米間で関連事項について十分な協議が行われていると述べた。

 趙報道官の発言は昨年12月に北朝鮮が発射した長距離ロケットをめぐる制裁がとりざたされる中、シュミット氏や米国のリチャードソン前ニューメキシコ州知事らによる訪朝団に対して慎重に行動するよう促したものと受け止められる。

 米国務省のヌランド報道官は7日の定例会見で、今回の訪朝団を「時期が良くなく、軽率(ill-advised)と考えている」と批判した。

 韓国政府はシュミット会長らから訪朝後に説明を受ける予定はないとされる。

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。