Go to Contents Go to Navigation

朴次期大統領 スー・チー氏と会談=協力強調

記事一覧 2013.01.29 19:08

【ソウル聯合ニュース】朴槿恵(パク・クンヘ)次期大統領は29日、ソウル市内の執務室でミャンマーの民主化運動指導者で最大野党を率いるアウン・サン・スー・チー氏と会談した。

 朴次期大統領は、長い間祖国の民主主義のためにスー・チー氏が払った大きな犠牲と献身に敬意を表した上で、「より自由で幸福な世界とアジアをつくるため共に力を合わせて努力しよう」と語った。また、「個人の幸せを放棄し、国民を家族だと思いながら送る人生がどのようなものかよく知っている」と共感を示した。

 ミャンマーの民主化と関連しては、米国をはじめ西側諸国との関係が改善されていく様子を見守ってきたとした上で、韓国もミャンマーの状況改善に向けた国際的努力に参加してきたと説明した。

 スー・チー氏は「ビルマ(ミャンマー)の民主化が進展するにつれ、ビルマ国民だけでなくほかの地域に暮らす国民のためにも努力できるようになることを望む」と述べた。自身らが言及する平和と繁栄は自国民だけでなく世界を対象にしたものだと説明した。

 朴次期大統領は今年から韓国が国連安全保障理事会の非常任理事国として活動することに触れながら、国連レベル、または地域および国際的問題で両国が協力することを望むと強調した。

hjc@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。