Go to Contents Go to Navigation

韓国ロケット「羅老」きょう打ち上げ 最後の挑戦 

記事一覧 2013.01.30 08:58

【高興聯合ニュース】韓国初の人工衛星搭載ロケット「羅老(ナロ)」(KSLV-1)がきょう30日、全羅南道・高興の羅老宇宙センターから打ち上げられる。

 過去2度の失敗を経て、今回が最後のチャンスだ。成功すれば、韓国は独自開発のロケットを打ち上げた11番目の国となる

 韓国航空宇宙研究院によると、宇宙センターは前日に打ち上げへの最終リハーサルと分析作業を終えた。30日午後、燃料を注入し打ち上げる予定だ。

 打ち上げ時間帯は午後3時55分から7時半まで。正確な打ち上げ時刻は午後1時半ごろ発表される。打ち上げ管理委員会が現場状況や気象、軌道を回るほかの宇宙物体の動きなども確認した上で、打ち上げ可否と打ち上げ時刻を決定する。

 気象庁関係者は、打ち上げ時間帯に現場には雲がかかるものの、風は弱く、雪や雨、落雷は発生しないと予測している。

 打ち上げ2時間前から燃料注入、15分前にカウントダウンが始まる。3.8秒前に1段目のエンジンが点火され、打ち上げとなる。1段目、フェアリング、衛星と順次分離し、打ち上げ9分後に衛星を目標軌道に投入する。

 衛星は目標軌道(高度300~1500キロ)に進入してから1年間、地球を一日に14周しながら宇宙放射線とイオン層を測定する。反作用ホイールやフェムト秒レーザー、映像センサーなどの国産化部品を検証する役割も果たす。

 衛星の軌道投入の状況は、打ち上げから1時間前後で確認できる見通しだ。衛星の作動を含め完全に成功したかどうかは、約12時間後に予定する韓国科学技術院(KAIST)人工衛星研究センターの衛星信号の検出と交信の有無により確認される。

 羅老は2009年8月と2010年6月にも打ち上げられたが、軌道投入に失敗している。ロケット1段目を製作したロシア側との契約条件上、今回の打ち上げが最後の機会だ。羅老開発事業には今回を含め総額5200億ウォン(約436億円)の予算が投じられた。

mgk1202@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。