Go to Contents Go to Navigation

韓国国会 北朝鮮糾弾決議案を採択=核実験非難 

記事一覧 2013.02.14 11:52

【ソウル聯合ニュース】韓国国会は14日、北朝鮮の3回目の核実験について「韓国国民の生命と安全を脅かす深刻な挑発行為」と糾弾する決議案を採択した。核実験で発生する問題に対する全ての責任は北朝鮮にあると非難した。

 決議案は北朝鮮に対し、根本的な核問題の解決のため核物質・核施設を含む全ての核開発プログラムを放棄し、核拡散防止条約(NPT)と国際原子力機関(IAEA)体制に復帰するよう促した。

 政府には国連および関連当事国との確固たる協力体制を基に、北朝鮮の核保有計画について対策を講じ、国民の生命と主権保護に向けた堅固な準備態勢を整えるよう求めた。

 また、国会は超党派で協力し、北朝鮮核問題の根本的な解決に向け知恵を募ることに力を入れるとした。

csi@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。