Go to Contents Go to Navigation

個人負債残高が過去最大 GDP上回る増加率=韓国

記事一覧 2013.02.21 17:57

【ソウル聯合ニュース】韓国銀行(中央銀行)が21日発表した2012年10~12月期の統計資料によると、昨年末時点で家計信用(個人負債)残高は959兆4000億ウォン(約82兆8500億円)となった。9月末に比べ23兆6000億ウォン増え、過去最大を記録した。

 家計信用は金融機関からの借り入れと、クレジットカードやローンなどの販売信用を足したもの。10~12月期は前年同期比で5.2%増え、同期の国内総生産(GDP)増加率(前年同期比0.4%増)を上回った。

 家計信用のうち個人向け融資は19兆9000億ウォン増の900兆6000億ウォンで、初めて900兆ウォンを超えた。ただ、増加率は小幅に低下している。銀行や貯蓄銀行など預金取扱機関による融資が659兆9000億ウォンで3.2%増加したのに対し、金利の高いその他金融機関による融資は240兆7000億ウォンと10.7%増加した。

 販売信用は3兆8000億ウォン増の58兆8000億ウォンで、増加率は拡大傾向にある。

mgk1202@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。