Go to Contents Go to Navigation

純国産ロケットで2020年に月着陸船打上げ=韓国

記事一覧 2013.02.21 19:34

【ソウル聯合ニュース】韓国の大統領職引き継ぎ委員会は21日、「宇宙立国」実現に向けた計画を発表した。純国産ロケットの開発と月着陸船打ち上げ事業の2年前倒しを柱としている。

◇2020年までに月着陸船打ち上げ

 韓国は先月、初の人工衛星搭載ロケット「羅老(ナロ)」(KSLV-1)の打ち上げに成功し、次の段階の純国産ロケット(KSLV-2)事業に弾みをつけた。

 当初は2021年までに1.5トン級の実用衛星を独力で打ち上げる計画だったが、宇宙立国への飛躍を目指し、2019年に前倒しすることにした。韓国航空宇宙研究院と民間企業が共同で取り組む。

 また、月軌道船と着陸船の開発も2020年に早める。

 韓国が独力でロケットを開発し人工衛星を打ち上げれば、朝鮮半島周辺の気象、海洋、災害、資源を自在に観測することができ、衛星専門企業の育成にもつながると見込まれる。

◇科学技術重視の政策

 大統領職引き継ぎ委は科学技術の優先も確定した。研究・開発(R&D)投資規模を拡大し、基礎研究に対する政府の投資割合を現在の35%程度から2017年には40%に引き上げる。

 科学技術者が研究に集中できるよう、政府拠出研究機関への支援比重を来年度には70%まで拡大し、研究環境を整える。国際科学ビジネスベルトと研究開発特区を連携させ、研究機関の成果を発掘し事業化につなげていけるよう支援する方針だ。

mgk1202@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。