Go to Contents Go to Navigation

日本外相の領有権主張 韓国政府が遺憾表明

記事一覧 2013.02.28 15:48

【ソウル聯合ニュース】韓国政府は28日、岸田文雄外相が衆院本会議での外交演説で、独島に対する領有権を主張したことに対し、深い遺憾の意を表明した。

 政府は外交通商部の趙泰永(チョ・テヨン)報道官名義の論評で、「日本新政府の外務大臣が独島に関する不当な主張を提起し、独島に対する領有権毀損を図ったことに深い遺憾を表明する」と非難した。

 独島は歴史、地理、国際法的に明白な韓国領土と指摘。日本の領有権主張は「独島が日本帝国主義の朝鮮半島侵略の中で犠牲となった最初の韓国領土である歴史的事実を思い起させるだけ」と強調した。

 また、韓国政府は独島の領有権を毀損しようとする日本のいかなる試みにも対しても断固に対応していくとした。

csi@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。