Go to Contents Go to Navigation

慶尚南道・統営に従軍慰安婦追悼の碑 4月除幕式

記事一覧 2013.02.28 18:57

【統営聯合ニュース】旧日本軍従軍慰安婦の被害者をまつる碑が韓国慶尚南道・統営に設置され、4月に除幕式が行われる。

 「日本軍慰安婦ハルモニ(おばあさん)とともにする慶南統営・巨済の市民の集まり」が28日、統営市内の南望山彫刻公園で4月6日に「正義の碑」の除幕式を開催することを明らかにした。

 この市民団体は昨年7月、元慰安婦の名誉と人権の回復を願う趣旨で、碑の建立に向け募金を開始した。目標額の4500万ウォン(約385万円)に対し、3000万ウォン以上の寄付金が集まり、統営市も1000万ウォンを支援した。

 公募で選ばれた彫刻家のハン・ジンソプさんが碑を制作中だ。3月25日に設置される予定。

 市民団体は建立を記念し、4月2~10日に南望山彫刻公園の統営市民文化会館で、韓国と日本の写真家や記者が撮った慰安婦関連の写真展を開く。

 統営と巨済は、慶尚南道の中で慰安婦被害者が最も多かった地域といわれる。巨済でも昨年末から、碑の設置に向けた動きが本格化している。

mgk1202@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。