Go to Contents Go to Navigation

サムスン「ネクサス10」 米誌評価でアップル上回る

記事一覧 2013.03.03 13:59

【ソウル聯合ニュース】米有力消費者団体誌「コンシューマー・リポート」が3日に公開したタブレット型端末評価によると、9~10インチタブレット型端末WiFi(ワイファイ)専用部門でサムスン電子が製造した「Nexus(ネクサス)10」が84点を獲得し、首位となった。

 米アップルの「iPad(アイパッド)4」と台湾ASUSの「vivo tab RT rf600t」は83点。サムスンの「ギャラクシーノート10.1」と「ギャラクシータブ2」が81点と続いた。

 「ネクサス10」は携帯性やタッチ、ディスプレーで「最高」、使い勝手や汎用性で2番目の「非常に良い」の評価を受けた。

 同製品は基本ソフト(OS)をめぐり、アンドロイド勢の中心となっているサムスンとグーグルがアップルに対抗し、共同開発した製品のため、同誌の評価は大きな意味を持つ。同製品は昨年10月に発売され、日本では先月から販売を開始した。

kimchiboxs@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。