Go to Contents Go to Navigation

米政府 テロ国家指定解除後も北朝鮮への輸出規制

記事一覧 2013.03.04 14:14

【ワシントン聯合ニュース】米政府は2008年に北朝鮮のテロ支援国家指定を解除したが、テロ支援国家に科す輸出規制はそのまま適用していることが分かった。

 外交消息筋によると、米国務省は先ごろ発刊した輸出規制に関する外交政策報告書で、「米政府はテロ防止目的で輸出を統制する物品を輸出管理規定(EAR)に告示している」とした上で、国務長官は現在キューバ、イラン、スーダン、シリアをテロ支援国家に指定した状態だと明らかにした。

 2008年10月にテロ支援国家の指定が解除された北朝鮮について報告書は、「解除後もテロ防止関連の輸出管理規定は改定されていない」としながら、北朝鮮に対してはさらに同規定に含まれる輸出および再輸出規制条項が追加されたとしている。

 報告書はこれは国連安全保障理事会決議1718号や法規定および規制などを根拠としていると説明した。安保理は2006年10月に北朝鮮が1回目の核実験を実施したことを受け決議1718号を採択した。

 ブッシュ政権時代の2008年にテロ支援国家の指定を解除された北朝鮮だが、関連規定はそのまま維持されてきたため、事実上、現在もテロ支援国家と同じ輸出規制が適用されている。

 また「北朝鮮は核、弾道ミサイル開発と拡散、不法行為、人権侵害などによる制裁を受けている」としながら、米商務省の産業安全保障局(BIS)は一部食品および医薬品を除いた全ての品目を北朝鮮に輸出または再輸出する場合、許可を受けるよう義務付けていると明らかにした。

 ぜいたく品、武器および武器関連物質、核拡散およびミサイル関連品目、生物化学兵器関連物質については全ての輸出・再輸出を禁止しているとした。

 だが、毛布、靴、暖房用の燃料油など国連の人道援助により北朝鮮の住民に届けられる物品や、一部農業および医療関連品目などは輸出および再輸出が可能だという。

 専門家らはこれについて北朝鮮の3回目の核実験以降、一部でテロ支援国家に再指定するよう求める声が上がっているが、実質的な制裁という側面を考慮すると再指定による制裁効果は大きくないと指摘する。

 これに先立ち、米下院外交委員会のイリアナ・ロス・レイティネン共和党議員は北朝鮮をテロ支援国家に再指定するよう求める内容の法案を提出した。先日訪米した安倍晋三首相も同様の立場を示している。

 ただ、国務省のヌランド報道官は「北朝鮮のテロ支援国家再指定はテロ行為に伴うものであり、核関連行為については6カ国協議の枠内で取り上げる」とし、消極的な立場を示した。

 一方、米議会は対北朝鮮政策を点検する聴聞会を開くなど多様な対応策を協議している。

 米外交消息筋によると、7日午前にはロバート・メネンデス上院外交委員長主催による聴聞会が開かれる。北朝鮮核問題をめぐる6カ国協議の米首席代表を務める国務省のグリン・デービース北朝鮮担当特別代表、スティーブン・ボズワース前特別代表、ロバート・ジョセフ元国務次官、国務省の北朝鮮担当特使を務めたジョセフ・デトラニ氏が証人として出席予定だ。

 外交委はブッシュ、オバマ両政権の北朝鮮政策担当者を務めた出席者から意見を聞き取り、オバマ政権に適切な政策の変化を求めていく方針だ。

 下院外交委も5日午前、聴聞会を開き北朝鮮に対する金融制裁について話し合う予定。2005年に実施されたマカオの銀行バンコ・デルタ・アジア(BDA)の北朝鮮資金凍結と同様の方式の金融制裁について話し合う。

 下院外交委員長のエドワード・ロイス議員(共和党)は、聴聞会で討議された内容を基に法案を発議する予定だ。外貨不足に悩む北朝鮮を国際金融網から排除するなど強力な金融制裁を立法化し、北朝鮮への締め付けを強化する方針だ。

 また、メネンデス上院外交委員長が発議した「北朝鮮の核拡散および別目的での使用を禁じる法案」が上院で可決され下院に持ち込まれた。同法案には3回目の核実験を行った北朝鮮を糾弾し制裁を強化すると同時に、アジア太平洋地域で米国と同盟国の利害を守るため、同地域で米軍の駐留を強化する内容が盛り込まれている。

 外交消息筋は「北朝鮮についての決議案を両院が積極的に採択し、相次いで聴聞会まで開いたことは過去になかった。議会のこのような強硬な雰囲気は、オバマ政権の対北朝鮮政策に影響を与えざるを得ないだろう」と話した。

sjp@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。