Go to Contents Go to Navigation

京畿道議政府市議会 日本の独島領有権主張を糾弾

記事一覧 2013.03.04 16:18

【議政府聯合ニュース】京畿道議政府市議会が日本の独島領有権主張を糾弾する決議文を採択した。同市議会が4日、明らかにした。

 決議文で同市議会は日本政府に対し「他国の領土に対する根拠のない領有権主張を中断し、歴史を直視しながら過去の過ちを清算する真摯(しんし)な姿勢を求める」と主張した。また、帝国主義的な侵略の野心を捨てられずにいるとしながら、島根県が制定した「竹島の日」と関連条例の撤廃を求めた。

 韓国政府に対しては、独島に関する特別法を制定し、独島領有権強化のための実質的な措置を講じるよう促した。

 同市議会は決議文を青瓦台(大統領府)、韓国国会、外交通商部、在韓日本大使館に伝達する予定。

sjp@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。