Go to Contents Go to Navigation

独島学校初代校長 海外の韓国学校に出前授業

記事一覧 2013.03.08 11:50

【ソウル聯合ニュース】韓国中西部、忠清南道天安市の独立記念館にオープンした独島教育専門機関「独島学校」の徐ギョン徳(ソ・ギョンドク)初代校長(誠信女子大学教授)が、中国・上海に住む韓国人たちを訪ね、現地で独島教育を行った。徐校長が8日、明らかにした。

 韓国広報専門家として知られる徐校長は7日、上海市の上海韓国学校で200人余りの生徒を対象に独島の重要性と正しい歴史認識などをテーマに授業を行った。

 また韓国国内の学校をはじめ、今年中に世界20都市を回り現地の韓国学校を訪れ独島教育を行うと話した。来月オープンする「オンライン独島学校」を通じても教育に参加できる。

 先月28日にオープンした独島学校は今年、小学生の団体教育、家族キャンプ、展示、現地見学などを実施する予定だ。

sjp@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。