Go to Contents Go to Navigation

対馬に韓国仏像が133体存在する=韓国人学者

記事一覧 2013.03.15 16:42

【釜山聯合ニュース】長崎県対馬市に韓国の仏像が133体あることが分かったと、韓国の学者が15日、明らかにした。

 韓国独島・対馬島アカデミーの常任代表を務める黄白ヒョン(ファン・ベクヒョン)博士が、日本の史学者らが著述した「対馬の美術」(1978年)や「中世日朝関係と対馬」(1987年)、「峰町誌」(1983年)など30冊余りを基に調べた。

 133体の仏像を時代別にみると、朝鮮王朝時代の仏像が30体と最も多く、高麗王朝時代の仏像が16体、新羅の仏像が11体、百済の仏像が3体と分かった。対馬の妙相寺や西山寺、円通寺、太平寺、法清寺などにある仏像を具体例として挙げた。残りの73体はどの時代のものかはっきりしないという。

 黄博士は、対馬の韓国仏像は略奪された文化財という認識が広まっているが、実際には対馬島民の「丁重な要請」により渡ったものが多いとの見解を示した。 

 一方、韓国の浮石寺で製作・保管され、日本へ渡った後、再び韓国に持ち込まれた「観世音菩薩坐像」については、「日本に渡った正確なルートが確認されていないため、日本側の説明を聞いた上で、日本に引き渡すべきか決めなければならない」と話した。

mgk1202@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。