Go to Contents Go to Navigation

韓国労総と連合 若者の雇用問題など共同研究へ

記事一覧 2013.03.19 20:29

【ソウル聯合ニュース】韓国の2大ナショナルセンターの一つ、韓国労働組合総連盟(韓国労総)と日本労働組合総連合会(連合)は19日、ソウル市内で代表団による懇願会を開催し、2015年までに若者の雇用と定年延長について共同研究を進めることで合意した。

 今年から半期ごとにセミナーを開催し、2015年のシンポジウムで共同研究結果を発表する。

 韓国労総と連合は2007年から非正規雇用や男女平等に関する問題について共同研究を行っており、今回が3回目となる。

 韓国労総の文鎮国(ムン・ジングク)委員長は韓国で非正規雇用が全労働者の半数を占めるほど急増していると指摘。「両国の労働界が懸案を共に解決していく上で重要な契機となるよう期待する」と述べた。

 連合の古賀伸明会長は共同研究が少子高齢化時代における若者の雇用問題の解決策など、意味のある成果を出せるよう期待を示した。

ikasumi@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。