Go to Contents Go to Navigation

在日企業家が鳥取のゴルフ場買収=韓国人誘致へ

記事一覧 2013.03.20 19:17

【ソウル聯合ニュース】パチンコ店経営などを手がけるYAMAZENグループの崔鐘太(チェ・ジョンテ)会長は20日、聯合ニュースの取材に対し、鳥取の大山ゴルフクラブを買収したと明らかにした。株主の伊藤忠商事から株式86%を取得したという。

 在日韓国商工会議所名誉会長の崔氏は同日、ソウル市内で開かれた第40回「商工人の日」記念式典に出席するため在日韓国人の企業家約50人とともに来韓した。

 大山ゴルフクラブは総面積30万平方メートルで18ホールを備える。日本のゴルフダイジェストが昨年12月に発表したゴルフ場ランキングで、約2400カ所のうちトップ50入りした。年間3万人のゴルファーが訪れている。

 崔会長は今年5月の再オープンに合わせ、世界の韓国人企業家を招待しゴルフ大会を開催する。今後、韓国人誘致に力を入れる考えを示した。

ikasumi@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。