Go to Contents Go to Navigation

サムスンのタブレット端末シェア 米3位・世界2位

記事一覧 2013.03.22 13:51
サムスンの自信作

【サンフランシスコ聯合ニュース】米国のタブレット型多機能端末市場でのサムスン電子のシェアはアップル、アマゾンに次いで3位だった。米経済誌フォーチュン(電子版)が21日、米調査会社コムスコアによる調査結果を報じた。

広報大使に選ばれました

 昨年10~12月期のシェアはアップルの「iPad(アイパッド)」(45.0%)に次いでアマゾン「キンドル・ファイア」が28.0%で2位。サムスン電子(7.0%)、エイサー(4.0%)などの順だった。

南アでも熱視線

 一方、世界市場のシェアはサムスン電子がアップルに次ぐ2位だった。米市場調査会社IDCの調査結果によると、昨年10~12月期の世界シェアはアップルが43.6%でトップを占め、サムスン電子(15.1%)、アマゾン(11.5%)が続いた。

 フォーチュンはいずれの調査結果も推定値だと説明した。

 hjc@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。