Go to Contents Go to Navigation

サムスン電子 日本スマホ市場で昨年シェア5位

記事一覧 2013.03.22 12:36

【東京聯合ニュース】サムスン電子が昨年、日本のスマートフォン(多機能携帯電話)市場でシェア9.3%を獲得した。市場調査会社IDCジャパンが21日、発表した。

 米アップルがシェア33.1%で首位に立った。サムスン電子は富士通(16.5%)、シャープ(12.2%)、ソニー(11.8%)についで5位だった。

 サムスン電子の順位は2011年と変わらないが、シェアは10.9%から1.6ポイント落ち込んだ。

 アップルはスマートフォンとフィーチャーフォン(従来型の携帯電話)を合わせた携帯電話市場のシェアも23.3%を占め、海外企業としては初めてトップに躍り出た。2011年は3位だった。 

 一方、IDC本社の調査結果によると、サムスン電子は昨年、スマートフォンと携帯電話の世界販売台数がいずれも首位となった。

 hjc@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。