Go to Contents Go to Navigation

日本は独島主権の主張を断念すべき=和田春樹教授

記事一覧 2013.03.26 12:35
独島訪れた教師ら
「竹島は朝鮮領土」

【ソウル聯合ニュース】日本の歴史学者、和田春樹・東京大学名誉教授が、独島問題を解決するには韓国が実効支配する独島に対し日本が主権の主張を断念するほかに道がなく、決断は早ければ早いほどよいとの見解を示した。韓国で発売した新刊「北東アジアの領土問題、どう解決すべきか(原題)」で述べた。

 和田教授は、植民地支配をした日本が、独島を「日本の固有領土」、韓国による支配を「不法占拠」と主張するのは、道義的でない行動だと指摘した。日本は独島主権の主張を早期に断念すべきと主張した上で、実現の見通しがない主張を続け、韓日関係と両国国民の感情を悪化させることは、愚かさの極致だとした。

独島は韓国領土!

 両国国民の理解の調和に向け、独島周辺海域において島根県の漁業者の操業権利を保障すること、独島を経済水域の基点としないことに合意する必要があるという。

「竹島の日」の廃止を

 序文では、日本が反省と謝罪の表明、補償、経済的処理など、植民地支配国として取るべき対応を拒否してきたと批判。両国に対話と交渉を促した。

mgk1202@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。