Go to Contents Go to Navigation

日本教科書の独島領有権主張 「容認しない」=韓国

記事一覧 2013.03.26 18:54

【ソウル聯合ニュース】韓国外交部の趙泰永(チョ・テヨン)報道官は26日、独島の領有権を主張する日本の高校教科書の検定結果が発表されたことに対し、「日本政府が歴史を直視せず、自身の責任を避ける内容を含む高校教科書を検定・通過させたことについて強く抗議する。根本的な是正を求める」との声明を出した。

 声明は「日本教科書に歴史的・地理的・国際法的にわが固有の領土である独島を日本の領土として不当に主張する内容が含まれたことを決して容認しない」と強調した。また、「歴史に対する正直な省察に基づかない教科書は日本の未来の世代に誤った歴史観を植え付け、過去の歴史の重荷を背負わせるということを日本政府は肝に銘じなければならない」と指摘。「『歴史に目をつぶる者は未来を見られない』との教訓を決して忘れてはならない」と表明した。

 声明は「日本政府が歴史を直視し責任ある行動を取ることで、一日も早く過去の傷を癒すことが両国間の信頼を回復する近道であることをあらためて強調する」とした。

 一方、外交部の朴俊勇(パク・ジュンヨン)東北アジア局長は在韓日本大使館の倉井高志総括公使を呼んで強く抗議するとともに、韓国政府の立場を記した外交文書を渡した。

kimchiboxs@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。