Go to Contents Go to Navigation

韓国の負債比率が過去最高に GDP比283%

記事一覧 2013.03.27 12:33

【ソウル聯合ニュース】韓国銀行(中央銀行)が27日に公表した統計データによると、個人と非営利団体、民間企業(金融除く)、一般政府の負債総額(昨年末時点)が3607兆3000億ウォン(約307兆8200万円)に達した。昨年の名目国内総生産(GDP、1272兆5000億ウォン)に対する負債総額比率は過去最大の283%となった。

 負債総額比率はアジア通貨危機時(1998~1999年)の227%、世界金融危機が起こった2008年(274%)と09年(278%)を上回った。GDP比の負債比率は03年の221%から上昇を続けている。

 韓国の負債は名目GDP成長率を上回るスピードで増加している。民間シンクタンクの現代経済研究院は「政府は経済活力と成長ペースを回復させ、経済主体が財務健全性を改善できるよう努力すべきだ」と話した。

sarangni@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。