Go to Contents Go to Navigation

サムスン 10~12月のスマート機器出荷台数1位

記事一覧 2013.03.28 14:34
「ギャラクシーS4」公開

【ソウル聯合ニュース】米調査会社IDCがまとめた報告書によると、パソコンやタブレット型端末、スマートフォン(多機能携帯電話)を合わせた「スマートコネクテッドデバイス」の世界市場で、サムスン電子の昨年10~12月期の出荷台数シェアは21.1%となり、首位を記録した。アップルは20.3%だった。

ついにお目見え

 売上高ベースではアップルが30.7%を占め、20.4%のサムスン電子を上回り、1位となった。

サムスンの自信作

 昨年のスマートコネクテッドデバイスの出荷台数は10億台を超え、前年比で29.1%増加した。機器別ではタブレット型端末の出荷台数が1億2800万台となり、最も高い78.4%の伸びを示した。

ギャラクシーシリーズ新発売

 タブレット型端末の好調は当分続き、年内にデスクトップパソコン、来年にノートパソコンの出荷台数を上回ると予想される。IDCは今年のタブレット型端末の出荷台数が前年比48.7%増の1億9000万台になると見込んだ。一方で、デスクトップパソコンは4.3%減、ノートパソコンは0.9%増にとどまると予測した。

 IDCは今後5年間、スマートコネクテッドデバイス市場が高成長を続け、2017年には出荷台数22億台、売上高8143億ドル(約76兆6175億円)に達するとの見通しを示した。

kimchiboxs@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。