Go to Contents Go to Navigation

北朝鮮のミサイル部隊で活発な動き=韓国軍消息筋

記事一覧 2013.03.29 11:48

【ソウル聯合ニュース】北朝鮮の中・長距離ミサイル部隊で活発な動きがみられ、韓国軍当局が発射可能性を鋭意注視している。

 軍消息筋は29日、「北朝鮮の中・長距離ミサイル部隊で車両と兵力の動きが活発化している。ミサイル部隊には26日に『1号戦闘勤務態勢』が発令されており、実際に発射する可能性もある。韓米合同の監視態勢を強化し、ミサイル部隊の動きを注視している」と話した。

 別の消息筋は、「(昨年12月に長距離ロケットを発射した)東倉里のミサイル発射場に移動する車両の動きもみられた。長距離ミサイルと推定されるエンジンの性能を実験するためと分析される」と伝えた。

 一方、北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)第1書記は29日午前零時半、戦略ミサイル部隊の火力攻撃任務に関する作戦会議を緊急招集し、攻撃待機状態に突入するよう指示したと、朝鮮中央通信が伝えた。

csi@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。