Go to Contents Go to Navigation

韓国型機動ヘリ「スリオン」 開発完了

記事一覧 2013.03.29 16:08

【ソウル聯合ニュース】韓国防衛事業庁は29日、韓国型機動ヘリコプター「スリオン(KUH)」の開発が完了したと明らかにした。「UH1H」や「500MD」など軍の老朽化したヘリと入れ替える。自国でのヘリ開発は世界で11番目となる。

 スリオンの開発は2006年6月から約6年にわたり、1兆3000億ウォン(約1100億円)を投じて進められた。

 防衛事業庁と知識経済部(現・産業通商資源部)が共同で主管し、航空機メーカーの韓国航空宇宙産業、国防科学研究所、韓国航空宇宙研究院と国内外147社の協力会社、28の大学・研究機関が開発に加わった。

 2010年3月に初の飛行を成功させ、昨年4月までに約2000回(2700時間)の飛行テストを無事故で終えた。

 スリオンは全長19メートル、高さ4.5メートル、最大巡航速度は時速259キロ。3D(立体)電子地図や4軸自動操縦装置などを備えており、夜間や悪天候でも戦術機動が可能だ。昨年末から戦力化を進めており、計200機余りが各軍に配備されるという。

stomo@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。