Go to Contents Go to Navigation

北朝鮮 韓国人の開城入り承認せず=現地は通常操業

記事一覧 2013.04.03 10:40
開城工業団地に向かう車両

【坡州聯合ニュース】北朝鮮が韓国企業側労働者の開城工業団地入りを承認せず、緊張が高まっている。

 統一部によると、北朝鮮は3日午前9時現在、韓国人労働者への出入り承認を通報していない。労働者らは午前8時半に開城入りする予定だった。北朝鮮側はこれまで午前7時50分~8時の間に有線電話で承認を通報してきた。

 ただ、団地内の韓国企業の操業は通常通り行われているという。衣類メーカーの社員は「団地内の社員と電話で話したが、正常操業中で平穏な状態だという」と伝えた。

北朝鮮に向かう車両

 団地は韓国と北朝鮮が北朝鮮の開城で共同運営するもので、南北関係が冷え込む中、唯一の経済協力事業となっている。しかし、北朝鮮は先月30日に同団地を閉鎖することもあり得るとした談話を発表していた。

 韓国労働者らは京畿道・坡州にある都羅山南北出入事務所(CIQ)で待機している。この日は484人が開城入りし、466人が韓国に戻る予定。団地には韓国側労働者や関係者861人と外国人労働者7人の計868人が滞在している。

csi@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。