Go to Contents Go to Navigation

開城工業団地の立ち入り禁止初日 韓国に33人戻る

記事一覧 2013.04.03 19:12

【坡州聯合ニュース】北朝鮮が韓国企業関係者の開城工業団地(北朝鮮)への立ち入りを禁止すると通告した3日、同団地の韓国企業関係者のうち33人が韓国に戻った。北朝鮮は現地に滞在する韓国企業関係者が戻ることは許可している。

 北朝鮮はこの日午前に同団地への立ち入り禁止を通告した。当初は韓国から484人と車両371台が団地に入り、466人と車両371台が韓国に戻る予定だった。

 この日、同団地から韓国に戻ったのは33人(車両23台)だった。同団地からの韓国企業関係者の帰還は、午前11時50分の3人を皮切りに午後5時まで計7回にわたり行われた。

 北朝鮮の急な通告を受け、同団地に入居している韓国企業は北朝鮮から韓国に戻る人員数を減らしたようだ。

 この日午後、同団地から戻った韓国企業関係者は「明日以降、開城工業団地に入れるかどうか不透明な状況なので、人員の大部分は現地に残ったままだ」と話した。

 この日、33人が帰還したことで同団地の韓国企業関係者は外国人7人を含む835人になった。団地内は検査要員が通常より増えるなど緊張した雰囲気だったが、工場の操業などに特に影響はなかったという。

sarangni@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。