Go to Contents Go to Navigation

北朝鮮 「ムスダン」発射準備完了=韓国政府筋

記事一覧 2013.04.09 17:58

【ソウル聯合ニュース】北朝鮮が東海側に移送した中距離ミサイル「ムスダン」の発射準備が完了したことが9日、分かった。

 複数の韓国政府消息筋は「東海側に移された北朝鮮のミサイルの動向を追跡した結果、発射準備が完了したとみられる」としながら「技術的にはあすにでも発射できる状態だ」と明らかにした。

 韓国軍は早ければ10日に北朝鮮がミサイルを発射する可能性があるとみている。

 これに関連し、韓国外交部の趙泰永(チョ・テヨン)報道官は定例記者会見で「北朝鮮がミサイルをいつ発射するかについては分からない」と述べた上で「(発射の)可能性に備えた態勢を取っている」と説明した。

 韓国軍当局は北朝鮮のミサイルを探知するため東海上にイージス駆逐艦(7600トン級)「西厓柳成竜」と「世宗大王」を配備した。2隻の駆逐艦には探知距離1000キロのレーダー「SPY-1」が搭載されている。空軍は早期警戒レーダー(グリーンパインレーダー、探知距離500キロ)2機を稼動している。

 北朝鮮が昨年12月12日、北西部の東倉里にある発射場から長距離ロケットを発射した際、イージス艦は94秒、グリーンパインレーダーは120秒後にそれぞれ発射を探知した。

 日本政府は自衛隊に対し北朝鮮ミサイルへの破壊措置命令を出し、東海上に海上配備型迎撃ミサイルを搭載した海上自衛隊のイージス艦2隻を配備した。東京・市谷の防衛省敷地内や埼玉・朝霞と千葉・習志野の自衛隊施設には、地対空誘導弾パトリオット・ミサイル3(PAC3)を運び込んだとされる。 

sjp@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。