Go to Contents Go to Navigation

韓国中部発電が兵庫県で太陽光事業参入

記事一覧 2013.04.14 14:38

【ソウル聯合ニュース】韓国中部発電は14日、韓国のエスエネルギーや再生可能エネルギー事業を手がける日本のクリーンエナジーファクトリーと共同で、兵庫県で太陽光発電事業を推進することで合意したと明らかにした。

 このプロジェクトの下で、同社は兵庫県南あわじ市に1万キロワット、川西市に5万8000キロワット規模の太陽光発電設備を建設し、1キロワット時当たり42円で関西電力に20年間販売する。同社が建設と運営管理を、エスエネルギーが太陽光モジュールの提供を担当し、韓国金融機関を通じて資金調達に当たる。

namsh@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。