Go to Contents Go to Navigation

民団青年会 日本での反韓デモに抗議声明

記事一覧 2013.04.24 08:42

【東京聯合ニュース】日本で「在日特権を許さない市民の会」(在特会)など一部の団体が、「在日韓国・朝鮮人を殺せ」という過激なスローガンを掲げデモを繰り返していることに対し、在日本大韓民国民団(民団)の傘下組織が抗議の声明を発表した。

 在日韓国青年会の中央本部は23日に声明を通じ、韓国人を嫌悪するこうしたデモを「同じ人間として、超えてはならない一線を越えた。これ以上看過することはできない」と述べた。憎悪の混じった言葉と根拠のない「在日特権」主張のために、生活権が脅かされ、精神的な苦痛を受けていると訴えながら、「人種差別的な扇動に対し抗議し、実際に行動を取る」とした。

 民団、在日本朝鮮人総連合会(朝鮮総連)が、こうしたデモに公式に声明を出すのは初めて。

 在日韓国青年会は18~35歳の在日韓国人3、4世が主要会員だ。中央本部の徐史晃(ソ・サファン)会長は聯合ニュースの取材に対し、「これまでは副作用を懸念し我慢してきたが、今後はそういうわけにいかない」とし、署名運動などの手段に言及した。

mgk1202@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。