Go to Contents Go to Navigation

開城団地めぐる南北実務会談 入居企業「早期開催を」

記事一覧 2013.04.25 15:29
続々と帰還
北朝鮮から帰還
訪朝許可せず

【ソウル聯合ニュース】操業中断が続く南北経済協力事業、開城工業団地に入居する韓国企業団体は25日に報道資料を出し、韓国政府が同団地の正常化に向け北朝鮮側に提案した当局間の実務会談を早期に開催するよう促した。

 開城工業団地企業協会は「南北が合意した50年間の投資保障が確実に守られるよう望む。われわれは南北の政府から保障された権利を放棄せず、断固として守っていく」と述べ、同団地から撤収する考えがないことを示した。

 統一部は同日の会見で、北朝鮮に対し、団地の操業再開などを話し合うための当局間の実務会談開催を提案したと明らかにした。

開城工業団地の行方は?

stomo@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。