Go to Contents Go to Navigation

北朝鮮「心配なら全員撤収せよ」 対話提案を拒否 

記事一覧 2013.04.26 14:51

【ソウル聯合ニュース】北朝鮮の国防委員会は26日、政策局報道官名義の談話を発表し、稼働が中断している開城工業団地をめぐり韓国が提案した南北実務会談を拒否した。北朝鮮は「拒否すれば、重大な措置」を取るとした韓国側の提案を非難した上で、「われわれが先に最終かつ決定的な重大措置を取ることもあり得る」と主張した。

 談話はまた、「開城工業団地に残っている人員の生命(安全)が心配なら南側に全員撤収すればいい。撤収と関連した身辺安全対策を含む人道的措置はわれわれの関連機関が責任を持って対応する」と強調した。

 韓国政府は25日に北朝鮮に対し当局間の実務会談を提案。26日正午を返答の期限としていた。

csi@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。