Go to Contents Go to Navigation

KAIST 曲がる半導体回路の開発に成功

記事一覧 2013.05.07 13:42

【大田聯合ニュース】国立大学の韓国科学技術院(KAIST)新素材工学科の李建載(イ・ゴンジェ)教授チームは7日、自在に曲げられる半導体回路の開発に成功したと明らかにした。

 曲がる半導体はフレキシブル・ディスプレーの中核部品となる。大量の情報を処理・保存できるよう数千個余りの高性能ナノ半導体を連結するため、高集積回路を形成する必要があった。

 従来の半導体素子のシリコンは曲げることができないため、曲げられる次世代の半導体素材として結合炭素原子シート「グラフェン」の研究が進められているが、商用化までに数十年かかるとみられていた。

 研究チームは高集積素子を単結晶のシリコン上に形成し、100ナノメートル(ナノは10億分の1)の非常に薄いシリコン回路層だけ残して基板下部を化学的に削ることで、自在に曲げられる半導体回路の開発に成功した。従来のシリコン半導体を利用できるため、数年以内に商用化できるという。

 研究成果は米学術誌「ACS Nano」5月号(電子版)に掲載される。

ikasumi@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。