Go to Contents Go to Navigation

韓国 エジプトと原発協力MOU=市場攻略の布石

記事一覧 2013.05.09 14:52

【ソウル聯合ニュース】韓国産業通商資源部は9日、ソウル市内のホテルでエジプトの電力・エネルギー省と原発協力に関する了解覚書(MOU)を締結した。原発分野の人材養成、技術交流、原発に対する住民の理解向上などで連携する。

 産業通商資源部はこの席で原発協力セミナーを開催し、韓国原発産業の国産化プロセスを紹介した。

 エジプトは昨年のモルシ大統領就任後、電力不足の解消に向け原発の建設を推進している。現地メディアはエジプト政府が1~2年のうちに入札公告を出すと見込んでおり、今回のMOUは韓国のエジプト原発市場攻略に向けた布石ともいえる。

 産業通商資源部エネルギー資源室の金準東(キム・ジュンドン)室長は「2009年のアラブ首長国連邦(UAE)での原発受注を機に、アラブ諸国が韓国の原発に大きな関心を向けるようになっている。韓国原発産業の実力を確実に伝えたい」と話している。

stomo@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。