Go to Contents Go to Navigation

4月の農水産食品輸出 前年比5.0%増=韓国

記事一覧 2013.05.10 09:09

 【ソウル聯合ニュース】4月の農林水産食品輸出がアジアや米国向け輸出の好調などを背景に小幅増加した。韓国農林畜産食品部は10日、農林畜産食品輸出額が4億9000万ドル(約493億円)で前年同月比5.0%増加したと明らかにした。 1~4月の農林水産食品輸出額の累計は18億ドルに達した。

 国・地域別では香港向けが69.1%、東南アジア諸国連合(ASEAN)向けが21.8%、米国向けが19.9%、中国向けが15.5%それぞれ増加した。一方、日本向けは10.5%減少した。

 同部関係者は「円安進行が影響し対日輸出が減少した。香港などアジア地域向け輸出は増加傾向がしばらく続くだろう」と予測した。

 品目別ではビスケットが28.6%増加したほか、飲料(25.2%)、即席めん(17.8%)、高麗人参(17.4%)、パプリカ(10.5%)などが伸びた。

 一方、マッコリが74.4%減少したほか、粗製粉乳(47.4%減)、キク(38.4%減)、鶏肉(29.1%減)、キムチ(6.1%減)なども低迷した。

ikasumi@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。