Go to Contents Go to Navigation

アップル 新型スマホ特許侵害でサムスンを提訴 

記事一覧 2013.05.23 11:43

【ソウル聯合ニュース】米アップルはサムスン電子の新型スマートフォン(多機能携帯電話)「ギャラクシーS4」が自社の特許を侵害したとして裁判所に提訴した。ドイツの特許専門ブログ「フォス・パテンツ(FOSS PATENTS)」が23日までに伝えた。

 アップルは21日(米国現地時間)、米国の裁判所に提出した書類でギャラクシーS4がアップルの音声認識機能「Siri」の特許など5件を侵害したと明らかにし、訴訟対象を調整中の2次訴訟の内容に追加した。

 アップルが侵害されたと主張する特許は、▼「Siri」に関する特許2件▼グラフィック使用者環境(GUI)関連特許▼「データ・タッピング」特許▼非同期データを同期化する技術と関連特許――など5件。

 アップルはこのうち、「Siri」に関する特許2件はギャラクシーS4ではなく、製品に搭載されたパーソナルアシスタント機能「グーグルナウ」応用プログラムが侵害したと言及した。

 そのため、アップルは米国における訴訟でサムスンとともにグーグルまで狙って訴訟を起こしたのではないかという分析が出ている。

 アップルは昨年にもサムスンのスマートフォン「ギャラクシー・ネクサス」が自社の「Siri」に使用した「統合検索特許」を侵害したと主張し、販売差し止めを勝ち取った。当時、サムスンはグーグルと協力し対応を模索した。

sjp@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。