Go to Contents Go to Navigation

独認証機関 あすから韓国の全原発を特別点検

記事一覧 2013.05.26 11:14

 【ソウル聯合ニュース】韓国の原発全23基が、27日から7月末までドイツの第三者認証機関であるテュフズードによる特別点検を受ける。産業通商資源部が26日明らかにした。

 同部の原発産業革新策の一環として公開入札を通じて選定されたテュフズードは主要設備の信頼性、整備・エンジニアリング、品質保証など総合テストを実施する。

 テュフズードは現在ドイツ国内で稼動中の原発9基のうち6基、解体原発7基のうち5基に対する原発安全性検査を委託されている。

 テュフズードはドイツの行政機関から民営化され、原発の安全性を中心に広範囲な技術検査・試験・認証などを世界で実施している。

namsh@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。