Go to Contents Go to Navigation

キム・ヨナ 新エキシビションに「イマジン」

記事一覧 2013.06.04 14:10

【ソウル聯合ニュース】韓国のフィギュアスケート選手、キム・ヨナの新しいエキシビションプログラムのテーマ曲がジョン・レノンの名曲「イマジン」に決まった。マネジメント会社のオールザットスポーツが4日、明らかにした。

 ジョン・レノンの代表曲のカバーアルバム「メイク・サム・ノイズ」に収録されたカナダの人気歌手、アヴリル・ラヴィーンの音源を使用する。同アルバムは国際人権団体アムネスティ・インターナショナルがスーダンの人権状況改善に向けたチャリティーキャンペーンの一環として発売した。

 キム・ヨナは2010年から国連児童基金(ユニセフ)の国際親善大使として活動を続けてきた。2014年のソチ冬季五輪のエキシビションで「イマジン」を披露すれば、全世界に平和のメッセージを伝えることになる。

 キム・ヨナは「スケートの技術や演技の要素より曲に込められた意味とメッセージを強調した。平和を願う今回のプログラムの意味を多くの人と分かち合いたい」とコメント。振り付けを担当したデヴィッド・ウィルソン氏は「キム・ヨナが音楽をしっかり理解し、呼吸の合った完璧な作品が誕生した」と自信をみせた。

 キム・ヨナの新プログラムは21~23日にソウル・オリンピック公園体操競技場の特設リンクで開催されるアイスショー「サムスンギャラクシー★スマートエアコン・オールザットスケート2013」で初披露される。

ikasumi@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。