Go to Contents Go to Navigation

対馬の盗難仏像 韓国人学者が「倭寇の略奪品」と主張 

記事一覧 2013.06.07 16:32
対馬の盗難仏像

【瑞山聯合ニュース】昨年10月に長崎県対馬市の寺から盗まれ韓国に持ち込まれた観世音菩薩坐像は、1330年に韓国中西部の忠清南道・瑞山の浮石寺で製作された金銅観音菩薩像で、1370年前後に倭寇(わこう)により略奪されたとする主張が提起された。

 韓国の仏像に関する第一人者に挙げられる東国大学の文明大(ムン・ミョンデ)名誉教授は7日、瑞山市庁で開催された観世音菩薩坐像の浮石寺返還を促すための学術発表会でこうした趣旨の発表を行った。

 文名誉教授はこの菩薩像について、「1330年に浮石寺に奉安するために製作されたもので、1370年ごろ瑞山を5回以上にわたり侵略した倭寇が略奪し、対馬の観音寺に奉安した」と主張した。

 また「この菩薩像は高麗王朝時代後期の仏像・菩薩像のうちで最高レベルの傑作。略奪されたことがほぼ確実なため、本来奉安されていた浮石寺に返すよう望む」と述べた。

 李完燮(イ・ワンソプ)瑞山市長も「浮石寺に奉安されていたという確実な証拠が仏像内の記録に残っており、高麗王朝時代後期の仏教美術を代表する秀作と評価されるだけに、必ず元の場所に戻すべきだ」と強調した。

 この日の発表会は、菩薩像の浮石寺への返還を求める地元住民の要望を受け、寺側が企画した。

stomo@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。