Go to Contents Go to Navigation

韓国大統領 日本との首脳会談開催に消極的

記事一覧 2013.07.10 17:13

【ソウル聯合ニュース】韓国の朴槿恵(パク・クンヘ)大統領が日本との首脳会談の開催に否定的な立場を示した。日本がまだ韓日関係を未来志向的に発展させようとする準備ができていないと判断したようだ。

 朴大統領は10日、青瓦台(大統領府)でマスコミ各社の論説室長・解説委員室長らとの懇談会で、韓日首脳会談の開催に関する質問を受け、「日本との会談を排除しているわけではない。ただ、より未来志向的に進むという雰囲気でやるべきだ」と述べた。

 日本が独島や慰安婦問題で韓国国民の心を傷つけていると指摘。首脳会談が終わった直後に独島、慰安婦問題が再び浮上すると、両国関係がさらに悪化することになりかねないとの見解を示した。

 朴大統領の発言は歴史認識に対する日本の態度変化が首脳会談の重要な前提条件であるとの趣旨と受け止められる。そのため、韓日首脳会談はしばらく開催できないとの見方が支配的だ。

csi@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。