Go to Contents Go to Navigation

韓国外交次官「歴史問題で信頼回復を」=斎木次官と会談

記事一覧 2013.07.11 18:58

【ソウル聯合ニュース】韓国外交部の金奎顕(キム・ギュヒョン)第1次官は11日、来韓した外務省の斎木昭隆事務次官と会談し、両国関係や朝鮮半島情勢などについて意見を交換した。両国の次官級協議は1月以来。

 両氏は今月1日にブルネイで開催された両国の外相会談を踏まえ、外交当局が緊密に協力し、両国関係の安定的な発展を模索していくことで一致した。

 金氏は韓国政府は日本との関係を重視しており、両国関係の発展のためには過去の歴史問題の解決に真摯(しんし)に向き合い、信頼を回復することが重要との考えを示した。

 斎木氏は安倍内閣が歴代内閣の歴史認識を継承していることを再確認し、両国関係の発展に取り組む方針を表明した。

 両氏は北朝鮮の核やミサイルに対応するため、韓日・韓日米の緊密な連携が不可欠とのことでも意見が一致した。

 斎木氏は12日、尹炳世(ユン・ビョンセ)外交部長官を表敬訪問する。

kimchiboxs@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。