Go to Contents Go to Navigation

駐NY韓国総領事「米連邦議員も慰安婦問題に関心」

記事一覧 2013.07.13 08:00

【ソウル聯合ニュース】総領事会議に出席するため一時帰国した韓国の孫世周(ソン・セジュ)ニューヨーク総領事は13日、外交部庁舎で聯合ニュースとのインタビューに応じ、旧日本軍の従軍慰安婦問題について「米国の州議会議員は言うまでもなく、韓国系が多い地域の連邦議会議員らも大きな関心を寄せている」と述べた。

 また、今年初めにニューヨーク州とニュージャージー州の上院・下院でそれぞれ慰安婦制度を非難する決議が採択されことを挙げ、「これは米国が(旧)日本軍の慰安婦問題を反人類的犯罪と認識しているということで、韓国系の政治力がそれだけ大きくなったことを示すものでもある」と説明した。決議の採択を前に日本の団体が議員らに抗議の電子メールを多数送りつけたが、無駄だったとも述べた。

stomo@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。