Go to Contents Go to Navigation

南北 開城団地正常化で合意できず=22日に再協議

記事一覧 2013.07.17 18:40

【開城聯合ニュース】韓国と北朝鮮は17日、稼働が中断している南北協力事業の開城工業団地の正常化に向けた4回目の当局間実務協議を同団地で行ったが、合意には至らなかった。双方は22日に5回目の協議を開くことにした。

 韓国側の首席代表を務める統一部の金基雄(キム・ギウン)南北協力地区支援団長は協議終了後、記者団に対し、「根本的な問題は(稼働中断の)再発防止措置だと説明したが、北朝鮮側が進展した立場を示さなかった」と述べた。また、団地の正常化のための制度的保障についても大きな溝があったと明らかにした。

kimchiboxs@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。