Go to Contents Go to Navigation

韓国海軍巡航戦団 停泊国で「東海」表記アピールへ

記事一覧 2013.07.19 17:13

【昌原聯合ニュース】25日から137日間の巡航訓練に出る韓国海軍が、世界に「東海」をアピールする。

 海軍巡航訓練戦団は19日、「東海」の名称を広めるため、国立海洋調査院と業務協約を締結した。協約により、巡航訓練戦団が各国で港に停泊する際、その国の国際水路機関(IHO)代表を艦艇に招き、東海の名称の由来を説明し「日本海」単独表記の不当性を知らせる。

 関連資料は国立海洋調査院が提供する。

 巡航訓練戦団は海軍士官学校4年生を乗せ、25日に鎮海港を出港し12月までシンガポール・インド・トルコ・米国・スウェーデンなど14カ国・地域を訪問する。

 このうちパナマを除く13カ国がIHO加盟国で、世界の海域の国際表記などを決めるIHOの国際標準海図集制作に影響力を持っている。

sjp@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。