Go to Contents Go to Navigation

「韓流」関連の知財収入拡大 昨年17%増=韓国

記事一覧 2013.07.21 15:23

【ソウル聯合ニュース】韓国人歌手PSY(サイ)の「江南スタイル」のヒットなど韓流ブームの世界的広まりを受け、韓国の知的財産権関連収入が大きく増加した。

 韓国銀行(中央銀行)国際収支チームが21日に発表した報告書によると、ゲーム、エンターテインメント、放送、映画など「韓流関連企業」の知的財産権収入は昨年、前年比17.6%増の8億ドル(約805億円)に達した。

 昨年の韓国全体の知的財産権収入は34億4000万ドルで、このうち23.3%を韓流関連企業が占めた。前年の15.7%を大きく上回った。

 韓流関連企業のうちゲーム会社の収入が大部分を占めた。ゲーム会社の知的財産権収入は6億8000万ドルで、2007年に比べ4倍に増加した。

 エンターテインメント、放送、映画会社などの収入も1億2000万ドルで、同6倍に増加した。前年比でも1000万ドル増加しており、「江南スタイル」の世界的ヒットがけん引したと分析される。

 一方、韓国が昨年、海外に支払ったゲームや音楽、ドラマ、映画などの知的財産権使用料は2億1000万ドルだった。韓流関連の知的財産権収支は5億9000万ドルの黒字で、2007年の約10倍に達した。

 ただ、昨年の韓国全体の知的財産権収支は49億5000万ドルの赤字を記録。赤字額は前年の29億6000万ドルを大きく上回った。スマートフォン(多機能携帯電話)や半導体など韓国製品の輸出が増加したことに伴い、海外の特許使用料負担が増大したため。

 韓国銀行は「知的財産権収支の改善に向け、韓国独自技術の開発に対する政府の支援が求められる。知的財産権に強い中小企業の育成、韓国型知的財産権の専門取り引き会社設立などが必要だ」と指摘した。

ikasumi@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。