Go to Contents Go to Navigation

朴大統領「南北実務協議で持続可能な合意を」

記事一覧 2013.07.22 11:33

【ソウル聯合ニュース】韓国の朴槿恵(パク・クンヘ)大統領は22日、青瓦台(大統領府)で開かれた首席秘書官会議で、開城工業団地の正常化を話し合う南北当局間の5回目の実務協議について「持続可能な合意が得られることを期待する」と述べた。

 朴大統領は「実務協議は開城工業団地の正常化に力点を置いているが、新たな南北関係確立に向けた原則や枠組みをつくる重要な礎になることに留意しなければならない」と指摘した。また、「(稼働中断措置の)再発防止や国際的なルールに基づく法的、制度的な装置を設け、安心して投資できる環境をつくることが南北にとって役立つということを認識すべきだ」と強調した。

kimchiboxs@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。